『妻、小学生になる。』最終回 提供クレジットでもネット涙 麻衣のドレス姿に「激エモ」

この記事は約2分で読めます。

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が25日に放送され、CM前の提供クレジットで麻衣(蒔田彩珠)のウエディングドレス姿が披露されると、ネット上には「激エモ」「泣いちゃう…」といった声が多数寄せられた。

最終回は、貴恵(石田ゆり子)が再び万理華(毎田暖乃)の身体を借りて、10年目の結婚記念日となる3月20日に圭介(堤)と麻衣の元に戻ってくるという展開に。家族は悔いを残さないように朝から一緒に料理を作ったり、ショッピングを楽しんだり、さらに麻衣の恋の後押しをしたりと充実した時間を過ごす。

物語の中盤で、貴恵たちが友人を招いて料理を振る舞うシーンへ移ると映像はCM前の提供クレジットへ。スポンサー企業の名前が映し出される背景の映像には貴恵と麻衣、圭介が仲睦まじくショッピングを楽しむ様子に続いて、ウエディングドレス姿で笑顔を見せる麻衣の姿が。この演出に、ネット上には「麻衣ちゃんウエディングドレス着てたけど?!?!」「ん?結婚式?」「ドレス???え!!!結婚式くる?」などの声が相次いだ。

番組後半の提供クレジットで、ドレス姿の麻衣の隣で笑顔を見せる着物姿の貴恵や思わず涙ぐむタキシード姿の圭介も映し出されると、ネット上には「激エモ」「CM前の提供のところがとにかく良すぎる」といったコメントや「この提供のとこで泣いちゃう…」「泣くわこんなん」などの投稿も集まっていた。

【クランクイン!】

タイトルとURLをコピーしました