『妻、小学生になる。』最終回 “最後の別れ”に「涙が止まらない」

この記事は約2分で読めます。

俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が25日に放送され、圭介(堤)と麻衣(蒔田彩珠)が貴恵(石田ゆり子)と“最後の別れ”をする姿に、ネット上には「涙が止まらない」「号泣」といった反響が巻き起こった。

貴恵は、再び万理華(毎田暖乃)の体を借りて、10年目の結婚記念日となる3月20日に圭介と麻衣の元に戻ってくる。貴恵は「今日で最後。楽しくさよならしましょう」と言い、3人は“最後の1日”を悔いを残さないように朝から一緒に料理を作ったり、ショッピングを楽しんだり、さらに麻衣の恋の後押しをしたりと充実した時間を過ごす。

そして家に集まってきた友人たちに料理を振る舞った貴恵たち。食事会も無事に終わりみんなを見送った貴恵は、かつて3人で大切に切り盛りしていた農園が自分の死後、手付かずになっていたことを思い出す。圭介と麻衣は貴恵の悔いを残さないために深夜にも関わらず蓮司(杉野遥亮)の車で農園に急行する。

夜を徹して農園を綺麗にした3人。空が白み始めた頃、思い出のハバネロを植えると、圭介と麻衣は涙ながらに貴恵に「ありがとう」と伝える。2人の言葉を聞いた貴恵も涙を流しながら「おやすみ」と別れのあいさつをして目を閉じ、2人の元から去るのだった。

貴恵が圭介、麻衣に別れを告げる姿に、ネット上には「最後が『さよなら』じゃなくて、『おやすみ』なのめっちゃ良いな…」「貴恵の最後の言葉が『おやすみ』なの最高」などの声が集まり、さらに「『さよなら』じゃなくて『おやすみ』のところで泣いたわ」「涙が止まらない」「めちゃめちゃ号泣」といったコメントが相次いだ。

最終回は、貴恵が旅立ったあとも日々を大切に生きていく圭介や麻衣の姿が描かれ幕を閉じた。放送終了後にはドラマについて「なんの無駄もない綺麗であったかい作品でした」「神ドラマだと思う」などの感想や「毎田暖乃ちゃんの演技が凄すぎた」「全員名演で最高」といったキャストへの称賛も続々寄せられていた。

【クランクイン!】

タイトルとURLをコピーしました