『未来への10カウント』“桐沢”木村拓哉vs“伊庭”高橋海斗のスパーリング対決に感動「鳥肌立った」

この記事は約2分で読めます。

木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が放送され、木村扮する主人公と高橋海人(King & Prince)演じるボクシング部部長がスパーリング対決をするシーンに、ネット上には「迫力凄い」「泣ける」「鳥肌立った」といった反響が巻き起こった。

本作は、生きる希望を失った元ボクサーの桐沢祥吾(木村)が、高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に生きる熱を取り戻し、人生を再起させていく姿を描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。

高校時代にボクシングで4冠を達成しながらもリングを降りた桐沢は、アルバイトをしながら無為な日々を送っていた。そんな桐沢を心配した親友・甲斐誠一郎(安田顕)は、桐沢を母校の松葉台高校ボクシング部の指導者にしようと奔走する。

ボクシング部の臨時コーチとして桐沢が戻ってきた松葉台高校は、東大合格者を出す進学校へと生まれ変わっていた。さらに校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを理由に、ボクシング部を潰そうと画策していた。

その矢先、桐沢がかつて4冠を達成したボクサーだと知った部長の伊庭海斗(高橋)は、桐沢にいきなり公開スパーリングを申し込む。部員たちの“本物のボクシングが見たい”という熱意に押された桐沢は、気が進まないながらもグローブをつけてリングに上がる。桐沢と伊庭がリングで向かい合いゴングがなると、ネット上には「キムタクVS海ちゃんきたー!」「1話からいきなりジャニーズ対決かよ」「かいちゃんとキムタクの対決、胸熱…」などの声が相次いだ。

伊庭のパンチを避け続ける桐沢。パンチを出さない桐沢に業を煮やした伊庭は「真面目にやれよ!」と叫んでストレートを繰り出す。すると桐沢はこれを避けて伊庭の脇腹に強烈なパンチを打ち込む。桐沢が鋭い目つきと華麗なステップで伊庭に反撃すると「かっ、カッコいいーー」「迫力凄い」「身体能力、ハンパない」といったコメントが殺到。伊庭が桐沢のパンチに悶絶して倒れながらも「やっと…やっとボクシングできた…スゲェ…」と想いを吐露する姿にも「うるっときた」「やばい泣ける」「鳥肌立った」などの投稿が集まっていた。

【クランクイン!】

タイトルとURLをコピーしました